治安車両への自爆計画か

シャンゼリゼのテロ未遂

©一般社団法人共同通信社

19日、パリ中心部の繁華街シャンゼリゼ通りで治安部隊の車に衝突し、燃えた車(ロイター=共同)

 【パリ共同】パリ中心部の繁華街シャンゼリゼ通りで治安部隊のワゴン車に乗用車が突っ込み、運転していた男が死亡した事件で、容疑者はガスボンベを積んだ車に自ら火を付け、ワゴン車に正面衝突して自爆を図ったとみられることが分かった。国営テレビ、フランス2などが19日報じた。捜査当局はテロ未遂とみて捜査している。

 男は31歳のチュニジア系フランス人で、トルコとフランスを繰り返し行き来し、イスラム過激派に共鳴している疑いがあるとして、治安当局の監視下にあったという。

あなたにおすすめ