太公望 日永のもう一振り  21日は夏至

画像
夕暮れの海に向かってさおを振る釣り人。長い一日を楽しんでいた=20日午後6時30分ごろ、新潟市中央区の日和山浜

 21日は1年で最も日が長くなる夏至。前日の20日も夕暮れは遅く、新潟市中央区の日和山浜では夕日に染まる海に向かってさおを振り、一日を目いっぱい楽しむ釣り人の姿が見られた。

 新潟地方気象台によると、20日の最高気温は湯沢町で33・1度など県内29観測地点のうち12地点で真夏日となった。新潟市中央区の最高気温は27・4度と7月中旬並み。釣りをしていた同区の会社員滝沢正行さん(41)は「日が長いから遅くまで楽しめて、釣りにはいい季節」と話した。

 日本気象協会新潟支店によると21日の日の出は午前4時22分、日の入りは午後7時10分。気象台によると21日は梅雨前線が北上する見込みで曇りのち時々雨。気温は平年並み。

あなたにおすすめ