将棋の加藤一二三・九段現役引退 77歳最高齢プロ ほか

8時トップ5ニュース

1. 将棋の加藤一二三・九段現役引退 77歳最高齢プロ

画像 竜王戦ランキング戦で敗れ、会場を出る加藤一二三・九段=20日夜、東京都渋谷区の将棋会館画像 竜王戦ランキング戦で対局に臨む加藤一二三・九段=20日午前、東京都渋谷区の将棋会館

 将棋の現役最高齢記録を持ち、長くトップ棋士として活躍してきた加藤一二三・九段(77)が20日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦ランキング戦6組で高野智史四段(23)に敗れ、同日付で引退した。数々の名勝負を繰り広げた“伝説の棋士”が、63年間にわたる現役生活に幕を下ろした。

 加藤九段は2016年度の名人戦順位戦で、最も下のクラスのC級2組からフリークラスへ降級した。規定ではフリークラスに陥落すれば60歳で引退という年齢制限があり、残る棋戦全てに敗退した時点での現役引退が決まっていた。

2. 日米韓連合で最終調整 東芝、半導体事業売却

画像 東芝の屋外看板=5月、東京都内(AP=共同)

 経営再建中の東芝は20日、半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却先選びで、経済産業省が主導する「日米韓連合」と優先的に交渉する方向で最終調整に入った。取締役会を21日に開き、詰めの協議を行う。

 日米韓連合の案は、出資する顔ぶれなどで流動的な面も残る。売却契約に踏み切っても、合弁相手の米ウエスタン・デジタル(WD)が起こした訴訟次第では中止に追い込まれる懸念もある。

 東芝は今回の売却で来年3月末までに最低2兆円を確保し、負債が資産を上回る債務超過を解消する方針だ。売却が頓挫すれば上場廃止が避けられなくなる。

3. ブリュッセル中央駅で自爆テロ ベルギー、負傷者情報なし

画像 ブリュッセル中央駅の現場付近で警備に当たる兵士=20日(AP=共同)

 【ブリュッセル共同】ベルギーの首都ブリュッセルのブリュッセル中央駅で20日夜、小規模な爆発があった。自爆を図ったとみられる男に警備中の兵士が発砲。警察はこの男以外、負傷者はいないとしている。検察の報道官は記者会見で「テロ攻撃と考えられる」と述べた。欧州メディアが伝えた。

 男はアラビア語で「神は偉大なり」と叫んでいたとの目撃証言があり、イスラム過激派の可能性がある。治安当局は駅と周辺を立ち入り禁止にした。爆発音で人々が一斉に逃げ出すなど現場はパニック状態となった。男の生死は不明。

4. 大分・佐伯で震度5強 M5.0、被害確認されず

画像 各地の地域震度

 20日午後11時27分ごろ、大分県佐伯市で震度5強の地震があった。市の消防本部によると、21日午前0時現在、市内で救助要請や建物損壊の情報は入っていない。県警も被害の情報は入っていないとしている。

 気象庁によると、震源地は豊後水道で、震源の深さは約40キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5.0と推定される。この地震による津波の心配はない。

 西日本高速道路によると、九州内の高速道路で通行止めは発生していない。四国電力によると、愛媛県の伊方原発1~3号機では21日午前0時現在、異常は確認されていない。

5. 加計と文科省の協議あっせんか 獣医学部方針の決定直前

画像 自民党の役員会に臨む安倍首相と萩生田官房副長官(奥右端)=20日午前、東京・永田町の党本部

 政府の国家戦略特区制度を活用した獣医学部新設計画を巡り、昨年11月の新設方針決定の直前、萩生田光一官房副長官が文部科学省幹部に発言したとされる内容の新たな文書が20日、明らかになった。学校法人「加計学園」(岡山市)と文科省との協議のあっせんや、開学時期に関する安倍晋三首相の意向がうかがえ、事実であれば節目を前に加計ありきで調整を図ったと読み取れる。この文書が再調査で見つからず、国会閉会の首相会見翌日に発覚したことで批判が強まるのは必至だ。

 萩生田氏は発言を否定し「学園に関連して、首相からいかなる指示も受けたことはない」とのコメントを出した。

あなたにおすすめ