トピック原発問題

次世代原子炉の実現目指す勉強会

自民党国会議員ら

画像
自民党の国会議員らが開いた次世代原子炉の実現を目指す勉強会=21日午後、国会

 自民党の国会議員らが21日、溶融塩炉と呼ばれる次世代原子炉の実現を目指す勉強会を国会内で開いた。実用化され電力会社の原発に使われる軽水炉に比べて過酷事故のリスクが少ないと主張。使用済み核燃料に含まれる放射性物質の処理にも活用できるなどとして、産官学が連携して国民の理解を促すことを決議した。

 勉強会の代表世話人を務める山本拓衆院議員は「溶融塩炉の重要性に理解が深まれば、今後見直される国のエネルギー基本計画にも位置付けてもらいたい」と訴えた。

 溶融塩炉は燃料にトリウムなどを用い、冷却材に液体の「溶融塩」を使う原子炉。

あなたにおすすめ