牛の病気、歩行映像で発見

AI利用、大阪大開発

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 乳牛の歩行時の映像を、人工知能(AI)を使って分析し、ひづめに炎症が起きる蹄病を早期に発見する技術を開発したと、大阪大産業科学研究所の八木康史教授(情報科学)らのチームが26日、発表した。

 軽度の症状でも高い精度で発見できるのが特長。早い段階で治療することで、牛乳やチーズなどの品質向上につながる可能性があるという。

 蹄病は乳牛の三大疾患の一つとされ、歩き方が変化したり背中が曲がったりする。痛みなどで乳量減少や食欲減退が生じ、命に関わることもある。

 チームは、乳牛のさまざまな歩行映像を約500回撮影し、健康な牛と蹄病の牛の歩行の特徴をAIに学習させた。

あなたにおすすめ

Curated by

47NEWS

47NEWS