西武の森慎二投手コーチ死去

プロ野球、主に救援投手で活躍

死去した森慎二氏

 プロ野球西武は森慎二(もり・しんじ)投手コーチが28日午後0時10分、多臓器不全のため福岡市内の病院で死去したと発表した。42歳。山口県出身。葬儀・告別式は未定。25日に福岡市のヤフオクドームで行われたソフトバンク戦前に体調不良を訴えて入院していた。

 山口・岩国工高から新日鉄光―新日鉄君津を経て1997年にドラフト2位で西武に入団。主に救援投手として活躍し、2002年に71試合に登板してリーグ優勝に貢献し、02、03年は最優秀中継ぎ投手に輝いた。プロ野球通算成績は431試合、44勝44敗50セーブ、防御率3.39。15年から西武でコーチを務めた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。