米物流大手もサイバー被害

欧州の業務に「重大な影響」

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら

 【ニューヨーク共同】欧米やロシアを中心に発生した大規模サイバー攻撃で、米物流大手フェデックスは28日、オランダ子会社のTNTエクスプレスの情報システムが被害を受け、物流に重大な影響が出ていると発表した。TNTは日本を含む多くの国で国際貨物運送サービスを展開。毎週5万5千回以上の陸路運送をしている欧州では発送サービスに遅れが生じており、日本でも影響が生じる恐れがある。

 TNTは障害の調査と復旧を急いでいる。情報漏えいは確認されていないという。

あなたにおすすめ

Curated by

papers