肉食恐竜の歯の化石発見、熊本

全長7メートル超

熊本県天草市で見つかった大型肉食恐竜の歯の化石(天草市立御所浦白亜紀資料館・福井県立恐竜博物館提供)

 熊本県天草市などは5日、市内の白亜紀後期(約8千万年前)の地層から、大型肉食恐竜の歯の化石が見つかったと発表した。ティラノサウルス科に似た特徴があり、推定で全長7メートル超。県内ではより古い複数の地層から異なる種類の肉食恐竜の化石が発見されている。市などは「九州で多様な肉食恐竜が長い期間、生息していたことを示す」と説明している。

 市によると、化石は2014年10月、福井県立恐竜博物館と天草市立御所浦白亜紀資料館の共同調査で見つかった。歯冠部分のみで、高さ42ミリ、幅25ミリ、厚さ16ミリで、化石が発見された岩に残った痕跡から高さ56ミリ以上だったと判明。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。