コメダ酷似で使用差し止めは和解

東京地裁、和歌山の喫茶店

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 コーヒーチェーン「珈琲所コメダ珈琲店」に外観などが酷似しているとして、コメダ(名古屋市)が、和歌山市の喫茶店運営会社「ミノスケ」に店舗などの使用差し止めと約2千万円の損害賠償を求めていた訴訟は、東京地裁で和解が成立していたことが6日、分かった。5日付。

 コメダは「和解したが、内容は守秘義務があり明らかにできない」としている。ミノスケの代理人弁護士側は「取材は一切お断りしている」としている。

 コメダは2015年5月、使用差し止めを求め仮処分を申し立てた。東京地裁は16年12月、ミノスケに店舗の使用などを禁じる仮処分決定を出した。

Curated by

47NEWS

47NEWS

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。