九州豪雨、孤立全て解消

不明20人超の捜索続行

©一般社団法人共同通信社

行方不明者の捜索のため、土砂をかき出す自衛隊員と警察官=12日午前、福岡県朝倉市

 福岡、大分両県を襲った九州北部の豪雨から1週間となった12日、大分県日田市の小野、大鶴2地区計110人の孤立状態が解消した。地区に通じる道路の応急復旧を終えた。これで豪雨による孤立地区は全てなくなった。

 ただ、両県では道路の損壊や橋の流失が複数箇所で発生。家屋が被災した住民ら約1300人の避難も続いており、生活再建に向けた復旧作業が急務だ。両県の死者は計25人に上っている。

 福岡県警によると、朝倉市内で12日、新たに3人が心肺停止の状態で見つかった。

 福岡県の孤立地区は11日に解消した。ただ、朝倉市では20人超の行方が分からず、12日も捜索を続行。

あなたにおすすめ