競馬、ヒガシウィルウィンが優勝

ジャパンダートダービー

画像第19回ジャパンダートダービーを制したヒガシウィルウィンと本田正重騎手=大井競馬場

 地方競馬の第19回ジャパンダートダービー(2000メートルダート、交流G1)は12日、東京・大井競馬場で行われ、5番人気で地方所属のヒガシウィルウィン(船橋=本田正重騎乗)が2分5秒8で優勝し、1着賞金4500万円を獲得した。

 ヒガシウィルウィンは最後の直線で力強く伸び、内から先に抜け出していた4番人気のサンライズソア(中央)をゴール直前でとらえ、首差で勝った。さらに1馬身差の3着は2番人気のタガノディグオ(中央)で、1番人気のサンライズノヴァ(中央)は6着に敗れた。

あなたにおすすめ