競馬、ヒガシウィルウィンが優勝

ジャパンダートダービー

第19回ジャパンダートダービーを制したヒガシウィルウィンと本田正重騎手=大井競馬場

 地方競馬の第19回ジャパンダートダービー(2000メートルダート、交流G1)は12日、東京・大井競馬場で行われ、5番人気で地方所属のヒガシウィルウィン(船橋=本田正重騎乗)が2分5秒8で優勝し、1着賞金4500万円を獲得した。

 ヒガシウィルウィンは最後の直線で力強く伸び、内から先に抜け出していた4番人気のサンライズソア(中央)をゴール直前でとらえ、首差で勝った。さらに1馬身差の3着は2番人気のタガノディグオ(中央)で、1番人気のサンライズノヴァ(中央)は6着に敗れた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。