米FRB、早期の追加利上げ慎重

物価動向「数カ月注視する」

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
FRBのイエレン議長(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は12日、下院金融委員会の公聴会に出席した。イエレン氏は金融政策について証言し、鍵を握る物価上昇率の低下に懸念を表明。「今後数カ月は物価動向を注視する」と指摘し、早期の追加利上げに慎重な姿勢を示した。

 FRBが金融政策を決める7、9月の連邦公開市場委員会(FOMC)では利上げが見送られるとの観測が市場で広がりそうだ。一方、景気を下支えするための量的金融緩和策で膨らんだFRBの保有資産の縮小は「年内の比較的早い時期に開始する」と改めて表明。

Curated by

papers

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。