飼料に混ぜる抗菌薬、2種禁止に

耐性懸念で農水省

画像電子顕微鏡写真をもとにした薬剤耐性菌のイメージ(米疾病対策センター/James Archer氏提供)

 家畜の成長を促進させるため、飼料に混ぜて使うことが認められているコリスチンなど2種類の抗菌薬について、農林水産省が飼料添加物としての指定を取り消し、使用を禁止する方針を固めたことが13日、分かった。薬の効かない薬剤耐性菌が家畜の体内で発生し、食品や環境を介して人に感染し健康に悪影響が出るリスクが無視できないと判断した。

 耐性菌による死者は、世界で年間70万人に上るとの試算もあり、2016年の伊勢志摩サミットで各国は原因となる抗菌薬の適切な使用を進めることに合意した。日本での禁止は合意後初めて。

 審議会での検討を経て、本年度中にも正式に決める。

あなたにおすすめ