厚労省、禁煙の遠隔診療を解禁

スマホ、PCを使用

遠隔での禁煙外来のイメージ

 スマートフォンやパソコンのテレビ電話機能などを使って医師が患者を診察する遠隔診療について、厚生労働省は15日までに、外来による禁煙治療で医師が患者と直接対面せず最初から最後まで完全に遠隔で行うことを認める通知を都道府県あてに出した。

 医師法の解釈では全ての診療は初診を対面で行うのが原則とされてきたが、遠隔による初診も可能であることを明確にした。離島やへき地、都市部など地理的条件は問わない。遠隔診療の規制を緩和する内容で、途中で受診をやめてしまうことも多い多忙な患者にとっては医療機関に出向かずに済むメリットが期待できる。

 通知は14日付で、即日適用された。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。