患者に癒やしの音楽 NYの管弦楽団、南部医療センターで演奏会

 米ニューヨークを拠点に活動する管弦楽団「ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル」の団員30人が15日、南風原町新川の県立南部医療センター・こども医療センターで「ハートフルコンサート」を開き、入院患者らが優雅で迫力のある演奏に聴き入った。 この日は「G線上のアリア」や「カノン」など、有名なクラシック曲を次々と披露した。

 入院患者や病院スタッフらが詰め掛け、演奏が終わると大きな拍手を送った。通院中の真栄城初姫(はつき)さん(26)=八重瀬町=は「とてもきれいな音で気持ちよかった」と話していた。

 コンサートは沖縄セルラー電話の主催。

 16日は宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで、招待客らを対象にした特別公演が開かれる。

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。