新聞の教育活用理解 郡山でNIEシンポジウム

画像

 福島民報社が加盟する県NIE推進協議会の「教育に新聞を!NIEの活用シンポジウム」は15日、郡山市中央公民館で開かれた。NIEの実践者や教師、新聞社の担当者を対象にした初の取り組みで、学校教育における新聞活用に理解を深めた。

 県教委の共催、郡山市教委の後援で、約100人が出席した。実践発表が行われ、金谷川小(福島市)の渡辺雅人校長と相沢聡子教諭は児童が新聞を手に取りやすいメディアコーナーの設置や、新聞を読んで気になった記事に意見文を書くなどする取り組みを紹介した。「読み書きの力が向上し、社会事象への関心が高まった」と効果を語った。

 郡山女子大付属高(郡山市)の難波宏彰教務部長は東京電力福島第一原発事故後に始めた「新聞コラム学習」を説明。「コラムを読み、自分の思いを文章にしている。自分とは異なる意見も受け入れる姿勢を持った上で、自己の考えを発信する能力を養っていきたい」と話した。

 日本新聞協会NIEアドバイザーを務める安積二小(郡山市)の増子春夫校長が総括した。福島民報社などの出前授業の取り組みも紹介された。

 実践発表に先立ち、日本新聞協会NIEコーディネーターの関口修司さんが「NIEの教育効果を測る−可視化から分かること」と題して基調講演した。かつて勤務した小学校でNIEに取り組み、学習の達成率が向上するなどの成果があったと強調した。

■実践指定校に認証状を交付

 シンポジウムに先立ち、県内の今年度NIE実践指定校に対する認証状交付式が行われた。

 県NIE推進協議会の菅野厚代表幹事(福島民友新聞社常務)が安達高の原郁子教諭ら小中高12校の代表に認証状を手渡した。県教育庁の佐藤秀美義務教育課長がNIEの効果を示し、各校の取り組みに期待を寄せた。

 福島民報社から馬場憲明取締役販売局長が出席した。

あなたにおすすめ