茨城県でヒアリ24匹発見

女王アリは確認されず

茨城県で発見されたヒアリ=12日(同県提供)

 茨城県は16日、台湾から同県常陸太田市に搬送されたコンテナ2基から南米原産の強毒アリ「ヒアリ」計24匹が発見されたと発表した。いずれも死んでおり、女王アリは確認されていない。

 ヒアリが見つかったのは、東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫と合わせて6都府県。

 茨城県によると、コンテナは6月下旬、台湾で荷詰めされて出港。7月に東京港の青海ふ頭で陸揚げされ、常陸太田市の工場へ陸送された。荷物の搬出やコンテナ内の清掃の際に見つかり、県を通じて環境省に報告。16日に専門機関がヒアリと確認した。多くは工業資材の包装に付着した状態で発見された。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。