イラン当局、大統領弟拘束

政権運営に影響も

身柄を拘束されたイランのロウハニ大統領の弟、ホセイン・フェレイドゥン氏=3日、テヘラン(AP=共同)

 【テヘラン共同】イランの司法当局は16日、穏健派ロウハニ大統領の弟ホセイン・フェレイドゥン大統領特別補佐官が「金銭を巡る犯罪」に関与した疑いがあり、身柄を拘束したと発表した。詳しい内容は明らかにしていない。地元メディアが報じた。

 同氏はロウハニ師が最側近として重用し、2015年7月に決着したイラン核問題を巡る欧米などとの交渉でも重要な役割を果たした。国際社会との協調を推進し、今年5月の大統領選で再選を果たしたばかりのロウハニ師の政権運営に影響を与える可能性がある。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。