北朝鮮、慰安婦問題は「外交的合意」で解決されない

北朝鮮の朝鮮日本軍性奴隷・強制連行被害者問題対策委員会のスポークスマンは15日、日本軍の従軍慰安婦問題を巡る日韓合意を非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、2015年の慰安婦問題解決に関する日韓合意は「朴槿恵一味が執権の期間、日本の安倍一味と結託してつくり上げた」としながら、「日本から何の謝罪もなく、幾ばくかのお金をもらう代価として日帝が働いた残虐非道な性奴隷犯罪を覆い隠すことに密約した前代未聞の恥ずべき売国文書である」と暴いた。

また、「朝鮮民族に耐えがたい侮辱と計り知れない被害を与えた特大型の反人倫的犯罪である日本軍性奴隷問題はいわゆる『再協商』と『外交的合意』によって解決される問題ではない」と主張した。

つづけて、日本の安倍政権に対して「過去の罪悪に対する反省どころか、南朝鮮人民を極度に蔑視し、こんにちも相変わらず植民地宗主国のように振る舞っている」と指摘した。

さらに、韓国の文在寅政権に対しても、「千年来の敵である日本と『関係発展』だの、『未来志向』だの、何のと言って民族の尊厳と利益を売り渡す醜悪な反民族的売国行為に執着している」と非難した。

そのうえで、「南朝鮮当局が全民族の要求に顔を背け、卑屈な対日屈従政策を追求しながら日本の鉄面皮かつ破廉恥な奸計に乗せられるなら、民族に恥ずべき罪悪だけを残すことになるだろう」と強調した。

あなたにおすすめ