高校野球三重大会 桔梗丘・西・青峰が2回戦へ

 第99回全国高校野球選手権三重大会第3日は16日、四日市球場など4球場で1回戦11試合があった。前年度優勝校のいなべ総合は、25―0の五回コールドであけぼの学園を退けて初戦を突破した。

 桑名は29―0の五回コールドで昴学園を下した。松阪商は11―1で宇治山田に五回コールド勝ちした。木本は7―0の七回コールドで四日市四郷を退けた。

 今年が最後の合同チームとなる名張桔梗丘・名張西・名張青峰チームは6―1で朝明を下して、2回戦進出を決めた。

 17日は4球場で1回戦残り8試合がある。四日市球場では昨年秋の県大会優勝校の海星が水産と初戦を戦う。

あなたにおすすめ