ラズベリーを宮崎の名産に 産学官グループ、改良励む

新系統ラズベリーを収穫する日高桃子さん=10日午後、川南町川南

 冷涼な気候を好むラズベリーを温暖な本県でも生産しようと、宮崎大農学部4年生で植物遺伝育種研究室に所属する日高桃子さん(22)を中心とした産学官のグループが、新しい系統作りに取り組んでいる。ラズベリーはほぼ輸入に頼っており、大規模に生産できれば、国内のパイオニア的存在になるという。日高さんらは商品開発も視野に入れながら、新しい宮崎ブランド産品の創出を目指す。

Follow

宮崎日日新聞 MIYANICHI ePRESS

on

©株式会社宮崎日日新聞社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。