ベッテル「タイヤトラブルは突然の出来事だった」。F1タイトル争いに大打撃も「最悪の事態ではない」

画像

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1イギリスGP決勝終盤にタイヤトラブルに見舞われたことで、タイトル争いのライバル、メルセデスのルイス・ハミルトンとの差が20点から1点にまで縮まる結果となった。

 ベッテルは3番グリッドからスタート直後に4番手に順位を落としたが、ピットストップでポジションを取り戻した。中盤以降は3番手を走っていたものの、バルテリ・ボッタスに抜かれて再び4番手に落ちた。

 レース終盤、2位を行くキミ・ライコネンの左フロントタイヤにトラブルが発生し、51周のレースの49周目に緊急ピットイン。すると直後にベッテルの左フロントがパンク、50周目にタイヤ交換をしなければならなくなり、7位でフィニッシュする結果になった。ハミルトンは優勝、ボッタスが2位に続き、ライコネンが3位でチェッカーを受けた。

「特定の誰かに責任があるとは思わない」とベッテルはタイヤトラブルに関してSky Sportsに語った。

「あの時、特に変な感じはしなかった。キミにも同じような問題が出たけど、彼のタイヤは僕のものより少なくとも5、6周は新しかった。ふたりとも突然のことに驚いた」

 ハミルトンに対するリードを大量に失ったことについては「もちろん、もっといい結果になっていたかもしれなかったが、最悪の事態だとは思わない」とベッテルは冷静に話している。

 ライコネンは「何かにヒットしたわけでもないし、何が起きたのか分からない。(トラブルに見舞われながら3位になれたことは)ラッキーだったが、アンラッキーでもあった」と振り返った。

あなたにおすすめ