情感豊か、合唱披露 クール・ファミーユ

©株式会社北國新聞社

 合唱団「クール・ファミーユ」(富山市)の第10回コーラスコンサート(富山新聞社後援)は16日、富山市の県教育文化会館で開かれ、団員43人が情感豊かな歌声を響かせ、観客約500人を魅了した。

 3部構成で行われ、第1部では、イギリスの作曲家ジョン・ラターの宗教曲を伸びやかに歌い上げた。第2部では、作曲家・信長貴富さんが編曲した「虹」を混声四部で披露したほか、富山育ちの作曲家・横山和也さんが第10回を記念して委嘱した曲「野原のポプラ」も発表された。第3部では、組曲「水のいのち」で、美しいハーモニーを響かせた。

 富山国際大子ども育成学部准教授の堀江英一さん(富山市)が指揮、県ピアノ指導者協会員の広瀬裕子さん(同)がピアノを務めた。

あなたにおすすめ