増山城跡を散策 砺波でNPOが自然塾

画像

 NPO法人「森林総合支援センター」の自然塾は16日、砺波市増山の国史跡・増山城跡で行われ、約20人が城跡を散策してふるさとの歴史に理解を深めるとともに、自生している植物の観察を楽しんだ。

 参加者は同城跡解説ボランティア「曲輪の会」メンバーの案内で「入城」し、敵の侵入を防ぐために斜面を削って断崖とした切岸や堀などを見学した。途中では、同城の歴史や山城の特性などについて詳しく説明を受けた。

 帰りには、森林総合支援センターのメンバーが、増山杉などの樹木や草花を解説した。

あなたにおすすめ