夏空の下、レゲエ堪能 県内最大級、筑西で音楽祭

来月6日 20組参加、飲食出店も

画像
MOOMINさん

県内最大級のレゲエ音楽祭「イバラキ夏フェス〜真夏のメモリー2017 ジャンボリー」が8月6日、筑西市茂田のザ・ヒロサワ・シティ野外ステージで初めて開かれる。南東に筑波山を望む夏空の下で、中米ジャマイカ発のワールドミュージック、レゲエの魅力を存分に堪能できそうだ。

同公演には国内草分けのレゲエ歌手、ムーミン(MOOMIN)さん、メガホーン(MEGAHORN)さんら、日本を代表するレゲエ・ミュージシャンが出演。マックストーン・ハイファイさん=筑西市=ら地元勢も含め、約20組が登場する。県内の音楽関係者で構成する実行委の主催。

時間帯は午前11時〜午後7時。会場には飲食店ブース26店が出店。ジャークチキンやタンドリーチキンなどの肉料理が楽しめるという。日差しよけのテント持ち込みも可能(最大縦2メートル、横2メートルまで)。駐車場(無料)は約600台分を確保。

司会を務める、ヒップホップ・ミュージシャンで音楽プロデューサーの大快賢一郎さん(41)は「始めないことには始まらないを合言葉に、筑西市に音楽を通じてハッピーなお祭りを開き、根付かせていきたい」と意気込んでいる。

チケットは前売り2千円、当日3千円。中学生以下は無料。インターネットのホームページhttp://jamboree.fun/ticket.htmlを通して購入できる。飲食店「南国BAL B3」(同市一本松)の店頭でも買うことができる。

問い合わせは同店(電)0296(25)7731

画像
MEGAHORNさん

あなたにおすすめ