ド迫力&超絶的な辛さ! 激辛好きなら一度は食べたいレジェンド麻婆豆腐!

画像

原宿に、ネットで話題の激辛麻婆豆腐があるのはご存知だろうか? 表面張力がすごいビジュアルと辛さに驚くだけではない。

知られざる魅力が他にもある。今回は、そんな『東坡 (トンポー)』に注目しよう!

画像

厨房で唐辛子と火に奮闘する店主

34年の歴史を感じる麻婆豆腐の名店といえばこちら!

裏原宿にひっそりと佇む老舗中華店『東坡』。中国・大連出身の店主、諏訪漢宙氏が34年前に来日してこの店はスタートした。

カウンター席13席、4人掛けテーブル席1つの小さな店内。日本語を話せず、0からのスタートで苦労してきた。

いまでは激辛好きなら知らないものはいない麻婆豆腐の有名店として、人気を博しているのだ。

画像

前菜も絶品!タコきゅうりサラダ

空腹で食べるなら、激辛の前にはまずこちら!

『東坡』には、独自のオーダールールがある。客の誰もが頼む激辛の麻婆豆腐を、ファーストオーダーで口にするのは禁じられている。これは覚えておこう。

空腹時に胃に負担がかからないよう、他の辛くない料理から食べなければならない。一皿2~3人前の量あるものばかりだから、慎重に選ばねばならない。一見強面な店主に前菜の中でオススメを聞くと、「全部!」と答えられそうだ。

だが、案外即答で「うちの一押しならタコきゅうりサラダ!」と教えてくれた。タコは、店主自ら築地まで足を運び目利きしている。タコもきゅうりもオーダーを受けてからカットするから、素材本来の食感が守られている。

コクのあるオリーブオイルと塩胡椒の味付け、そしてニンニクとパクチーの香りで、緩やかに食欲がわいてくる。

画像

水餃子(10個) ¥1,800と紹興酒(グラス)¥1,200

家庭の味に酔いしれる!

個人的には水餃子もオススメ。豚肉・エビ・野菜の「3鮮」がバランス良く入った“三鮮餃子”を理想としている。

豚肉は国産の超粗挽き肉を、野菜はニラを使用。もちもちの皮に味付けされた餡を包んでいるから、口の中での旨味の広がりに、口角が上がる。これに合わすは、紹興酒!芳醇な香りを楽しみながら水餃子をつまみにすると、10個あった水餃子がいつの間にか減ってしまう。

さあ、お腹も心もスタンバイOK!そろそろ本番の麻婆豆腐へ挑戦だ!!

客の誰もが注文する、爆裂激辛麻婆豆腐とは!?

画像

麻婆豆腐 大¥3,500 ※単品のみの注文不可

フォトジェニックな麻婆豆腐!

いよいよお待ちかねの「麻婆豆腐」! 器に並々と注がれ、表面張力の凄さを感じる。

提供は早いが、実は仕込みで豚挽肉と豆腐、調味料を加えて45分間も煮込んでいる。化学調味料や片栗粉すら入れず、旨味を丁寧に引き出している。

画像

それにしても何なのだ、この赤さは。聞けば、豆板醤だけでなく輪切りの唐辛子と大量の一味唐辛子を入れている。厨房で上がる炎、刺激的な唐辛子とむせる花椒に葛藤する店主を見ていると、なぜそこまでやるのかと心配になる。

辛さ増しを求める客の要望に応えて、ここまで辛いものを作りあげるようになったのだ。その経緯を知って食べると、麻辣の辛さにヒーヒーしながら、じーんとくる。何としても器を綺麗に平らげて帰りたい!

画像

〆には白米飯¥200を

豆腐に感動!麻婆丼で〆るべし!

ハードルの高い激辛な「麻婆豆腐」。小さいサイズもあったのに、大きい方にしてしまった。ならば、白米飯を頼んで、2度美味しく味わおう!

ご飯の上に、豆腐を救出してみると、豆腐の旨さに驚く! 代々木上原で創業83年の太田屋豆腐店から仕入れた木綿豆腐を一晩水切りして使用している。「麻婆豆腐」は豆腐を味わう料理! それを物語る味に感動を覚える。

画像

営業時間は、18時から24時。創業から長年遅くまで立ち仕事をしている店主の健康維持は、毎朝ジム通いとニンニクをよく食べること。

厨房を離れて会話すると、先程まで真剣に料理している姿とは一変して笑顔を見せてくれた。通えば通う程、味と店主にはまっていく店であった。

あなたにおすすめ