横浜市長選、現新3氏出馬 カジノや中学校給食が争点

©株式会社神奈川新聞社

 任期満了に伴う横浜市長選が16日告示された。立候補したのは、いずれも無所属で届け出順に、3選を目指す現職の林文子氏(71)=自民、公明推薦、元衆院議員の長島一由氏(50)、前市議の伊藤大貴氏(39)。2期8年の実績を掲げる現職に、新人2人が「反カジノ」と中学校給食実現などを訴えて挑む構図。30日に投開票される。

 前回(2013年)市長選で自民、公明、民主の3党から推薦を受けた林氏は今回自民、公明党の推薦を得た。民進党は同党会派に所属していた伊藤氏が出馬表明したため、林、伊藤両氏への自主投票とした。伊藤氏は共産、自由党が「自主的支援」としている。

 届け出後の第一声で、林氏は待機児童ゼロや大企業誘致などの実績を示した上で「横浜には港、田園風景、ダイナミックな都市がある。もっと花開かせるにはオール横浜の力が必要だ」と主張した。カジノや給食には言及しなかった。

 長島氏は出馬した3人の中で「ただ一人の完全無所属。一切しがらみがない」と立場を強調。「1月に出馬表明してから街の声を聞いてきたがカジノ賛成はほとんどない。市長選は事実上の住民投票だ」と訴えた。

 伊藤氏は「カジノに頼らないまちづくりで市民の誇りを取り戻し、中学校給食を実現させて日本一の教育を提供する横浜市にする」と政策を述べ、「市民の共感の輪をつくって訴えたい」と支援を呼び掛けた。

 18歳選挙権が導入されて初の同市長選。前回投票率は過去最低の29・05%で初めて30%台を割り込んだ。20代は全年代最低の15・41%だった。横浜市長選の立候補者林(はやし)文子(ふみこ) 71 無現(2)=自 公 市長 指定都市市長会長(東京日産自動車販売社長 ダイエー会長 BMW東京社長)都立青山高卒 横浜市西区老松町長島(ながしま)一由(かずよし)  50 無 新 元衆院議員 映画監督 NPO法人理事長(逗子市長鎌倉市議 フジテレビ記者)東京芸大院修了 横浜市保土ケ谷区峰沢町伊藤(いとう)大貴(ひろたか)  39  無 新 前横浜市議 THE CAVE取締役(日経BP社記者)早大院修了 横浜市緑区長津田みなみ台【読み方】氏名、投票日現在の満年齢、所属党派(無=無所属)、現職・新人の別、当選回数、政党推薦(自=自民党、公=公明党)、現在の主な職業・代表的肩書(かっこ内は主な経歴)、最終学歴、現住所の順

あなたにおすすめ