市民活動交流の場 川崎で集い

©株式会社神奈川新聞社

 「なかはら市民活動の集い『なかはらっぱ祭り』」が16日、川崎市中原区の中原市民館で開かれた。音楽やスポーツ、環境など各分野の計43団体が参加し、大勢の区民でにぎわった。

 中原区市民活動の集い実行委員会などの主催。市民活動グループの交流を深め、市民の参加を促す狙いで13回目となる。

 会場では、調理室を使った「おやこ料理教室」やハワイの布とビーズを使った「ハワイアンキルト」、毛糸を使った「小物づくり」など手軽に楽しめる参加型イベントが盛った。

 子ども連れに人気を集めていたのがベーゴマや竹とんぼなどの昔の遊びを楽しむコーナー。紙を材料にした風車作りでは地元のお年寄りらがアドバイス。子どもたちは息を吹き掛けると、勢いよく回る風車に喜んでいた。

 同区内に住む女児(9)は、母親と弟(6)と一緒に参加。「家でもビーズを使った工作が好き。風車は難しかったけど、楽しかった」と話していた。

あなたにおすすめ