秋田大雨 役場の代表電話が転送解除できず

©株式会社河北新報社

 16日の大雨で町内の計399世帯に避難勧告を発令した秋田県五城目町の役場の代表電話が、勧告発令後も直接つながらない状態になっていることが同日、分かった。

 町によると、職員は同日午前に登庁したものの、平日夜間や休日に設定する自動転送の解除の方法が分からなかった。

 避難などに関する問い合わせは転送先の警備会社が受け付け、職員の携帯電話に連絡。職員が折り返し電話をして対応している。

あなたにおすすめ