FIA F2第6戦イギリス決勝レース2:ニコラス・ラティフィがF2初優勝。松下は8位入賞

画像

 FIA F2第6戦イギリスの決勝レース2が7月16日、シルバーストーンで開催された。レース2はリバースグリッドのため、ポールポジションからスタートするのはレース1で8位だったニコラス・ラティフィ(DAMS)、2番手にはジョーダン・キング(MP)がつけた。日本の松下信治(ART)は10番グリッドからのスタートとなった。決勝レース2は21周で行われた。 

 レースがスタートすると、ラティフィはトップを守るが、キングは4コーナーでオリバー・ローランド(DAMS)と交錯しコースアウトし順位を落とすことに。一方、8番手からスタートしたレース1の優勝者でありポイントランキング首位のシャルル・ルクレール(プレマ)は6番手までポジションアップしている。

 トップのラティフィは、好ペースを維持しながら後続を引き離しにかかる。日本の松下はアレキサンダー・アルボン(ART)とチームメイト同士で9位争いへ。

 8周目、オープニングラップでキングをコース外に押し出したとしてローランドに5秒追加ペナルティが課された。

 20番手からスタートしたニック・デ・ブリース(ラパックス)は1周目にロケットスタートを決め、11位まで順位を上げ、9周目にはアルボンもかわして10位まで追い上げた。

画像
FIA F2第6戦イギリス 決勝レース2 松下信治は8位入賞

 その頃、セルジオ・カナマサス(トライデント)とルクレールが激しい5位争いを繰り広げ、12周目にルクレールがカナマサスをパスすることに成功。その後もルクレールはファステストラップを出しながら上位を狙う。

 2位争いをしていたルカ・ギオット(ロシアン・タイム)とローランドに、アルテム・マルケロフ(ロシアン・タイム)とルクレールが追い付き、2位争いは四つ巴となった。   

 しかし、レース終盤19周目、12位を走行していたラルフ・ボスチャング(カンポス)がバックストレートでアルボンを抜きにかかったところ、コース外に押し出され、バランスを崩しウォールにヒットしたため、セーフティカーが導入。四つ巴の争いは一時中断となった。 

 残り1周を残してレースが再開され、マルケロフが5コーナーでローランドをパスし3位にポジションアップ。レースはそのままラティフィが先頭でチェッカーを受け、F2初優勝を飾った。

 2位にはギオットが続き、4位でフィニッシュしたローランドは5秒追加ペナルティのため、10位となった。その結果、9位でレースを終えていた松下は8位に繰り上がることとなり、1ポイントを獲得している。 

あなたにおすすめ