よろいかぶと着て武者気分 伊達で初のイベント

画像赤や黒のよろいかぶとを身に着け、笑顔を見せる児童ら

 【伊達】「伊達(まち)ラブキッズ北の湘南まるごとアドベンチャー」が15、16の両日、伊達市内で開かれ、市内の小学生25人が野菜を収穫したり、よろいかぶとを着用したりして、地元の自然や歴史に親しんだ。

 市民有志でつくる実行委(田中秀幸委員長)が初めて企画した。初日は市内の畑で農家の助言を受けながら、キャベツなどの収穫に挑戦。市内を流れる長流(おさる)川ではウエットスーツとシュノーケルを身につけ、エビやカニなどの生き物に触れた。夜は市指定文化財の迎賓館に宿泊した。

あなたにおすすめ