パラ陸上、佐藤が日本勢初の金

世界選手権第3日

男子1500メートル(車いすT52)決勝 3分45秒89の大会新記録で優勝した佐藤友祈=ロンドン(共同)

 パラ陸上の世界選手権第3日は16日、ロンドンで行われ、男子1500メートル(車いすT52)で、リオデジャネイロ・パラリンピックで2個の銀メダルを獲得した佐藤友祈(WORLD―AC)が3分45秒89の大会新記録で優勝した。今大会で日本勢初の金メダル。上与那原寛和(SMBC日興証券)も3位に入り、銅メダルを手にした。

 女子200メートル(視覚障害T13)の佐々木真菜(東邦銀行)は自身の日本記録を更新する26秒36で5位、佐藤智美(東邦銀行)は6位。女子100メートル(切断などT42)は前川楓(チームKAITEKI)の5位が最高だった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。