韓国、南北軍事会談を検討

韓国政府が今週、北朝鮮に敵対行為の中止を協議する軍事会談を提案する可能性が高いという。聯合ニュースなど複数の韓国メディアが16日、伝えた。

韓国の統一省と国防相が中心となって、この提案を北朝鮮と協議するため、今週中に南北軍事実務会談の開催を提案する方向で最終的な検討を進めているという。

文在寅大統領は今月6日、ドイツで「朝鮮半島平和構想」を掲げ、朝鮮戦争の休戦協定が締結されてから64年となる今月27日をもって南北軍事境界線(MDL)での敵対行為を中止することを北朝鮮に提案した。

文氏が掲げた朝鮮半島平和構想に対して、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は15日、「寝言のような詭弁が列挙されている」と非難したが、一定の評価をしていることから、北朝鮮が韓国の提案に応じる可能性があるとの指摘も出ている。

また、文氏は朝鮮半島平和構想で秋夕(旧盆、今年は10月4日)に合わせて、朝鮮戦争などで生き別れになった南北離散家族の再会行事を開催するよう呼びかけており、これに関する南北赤十字会談の開催を近く提案する方針だという。

あなたにおすすめ