J2第23節、湘南、福岡が勝ち昇格争い一歩リード

画像

 16日、サッカーのJ2リーグ第23節の7試合が各地で行われた。首位の湘南ベルマーレはホームで東京ヴェルディと対戦、2-0で勝った。勝ち点1差で2位のアビスパ福岡はアウェイでザスパクサツ群馬と対戦し、3-1で勝利。混戦の続くJ2リーグにあって、湘南と福岡は3位との勝ち点差を広げつつある。

 湘南は62分、アンドレ・バイアが先制、78分には、秋野央樹が追加点を挙げ、東京Vを無失点に抑えて首位を守った。

 福岡は11分、ジウシーニョがドリブルからのミドルシュートで先制点を奪う。群馬も53分、CKからつながれたボールを岡田翔平が押し込んで同点に追いつく。63分、福岡はロングスローからのボールを石津大介が流し込んで2-1と突き放す。75分、群馬は岡庭裕貴が退場で1人減ると、80分に福岡はCKからのこぼれ球を岩下敬輔が3点目を決め、そのまま終了した。

 3位の徳島ヴォルティスはホームで京都サンガと対戦。62分、徳島は杉本太郎が先制するも75分、京都の田中マルクス闘莉王に同点弾を決められ、1-1のドローで連勝も4で止まり、4位に後退。

 初のJ2で苦戦の続く名古屋グランパスはホームでモンテディオ山形と対戦。29分、名古屋は押谷祐樹の今季初ゴールで先制するとそのまま無失点で逃げ切り、5位に浮上した。

あなたにおすすめ