高梨、道具のテストにも注力

約2カ月間の海外合宿から帰国

スロベニア合宿から帰国し、取材に応じる高梨沙羅=17日、羽田空港

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)が17日、約2カ月間のスロベニア合宿から羽田空港に帰国した。ジャンプの基礎固めに加え、従来よりも短めのスキーを試すなど道具のテストにも注力したそうで「一通りいろんなものを見直していかないといけないと思った。できることを全てやりたい」と充実した表情で語った。

 今月下旬から夏のシーズンが本格的に始まる。金メダルが期待される来年の平昌冬季五輪を見据え、助走のスタートの改良にも取り組んでおり「自分を貫く自信を持てるだけのトレーニングをしていきたい」と言葉に力を込めた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。