ロボット企業ガイド作成 復興官民合同チーム

画像

 福島相双復興官民合同チームは福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想の推進を支援するため、相双地方を中心としたロボット関連企業の情報発信を強化する。第1弾として、地元企業の情報を載せたガイドブックを作成し、県内に進出する企業との連携に活用する。

 ガイドブックでは、浜通りや東京電力福島第一原発事故の避難指示解除区域を中心に精密部品加工業や金属製品製造業などさまざまな企業の概要を掲載している。レーザーなどで加工した部品など各社の製品や技術を紹介。「多品種、小ロットの生産も可能」「仕入れネットワークがあり、調達力は国内トップクラス」など各企業の強みや「ドローンの軽量化」など今後取り組みたい事業分野も取り上げている。

 東京都の産業集積の取り組みが成功した地域ではガイドブック作成など地元企業の発信が奏功した事例がある。同チームはガイドブック1000部を作成し、新産業分野で県内への進出を目指す企業に配布するほか、ホームページでもダウンロードできるようにする。同チームは開発や製造などで企業同士の具体的な結び付きがあれば、支援する方針だ。

あなたにおすすめ