北朝鮮に軍事会談と離散家族再会を提案…韓国政府

©株式会社ブラスト

韓国政府は17日、北朝鮮に対し、軍事境界線付近での敵対行為中止に向けた南北軍事当局会談と、南北離散家族の再会行事開催のための赤十字会談を提案した。

国防省の徐柱錫次官は同日、「軍事境界線で軍事的な緊張を高める一切の敵対行為を中止するため、南北軍事当局者会談を7月21日に板門店北側の統一閣で開催することを提案した」と発表。同時に北朝鮮に対し、現在途絶えている黄海地区の軍通信線を復旧させ韓国の提案に回答するよう呼びかけた。

また同日、大韓赤十字社の金仙香総裁代行が記者会見。

朝鮮戦争などで生き別れになった離散家族の再会行事を秋夕(今年は10月4日)に合わせて行うことなどを協議するため、南北赤十字会談を8月1日に板門店の韓国側施設「平和の家」で行うことを提案したと明らかにした。

韓国の文在寅大統領は6日、ドイツ・ベルリンで北朝鮮との平和的対話を掲げた「ベルリン構想」を発表し、2007年の南北首脳宣言から10周年を迎える10月4日に、南北離散家族の再会行事と墓参を行うことを提案していた。

あなたにおすすめ