古豪・東北学院(宮城2)が17年ぶりの全国総体に臨む

2017年高校サッカーインターハイ(総体):東北学院(宮城2位)チームデータ

画像

■年、回数:17年ぶり10回目
■決勝:vs 仙台育英0-1
■予選結果:全9試合29得点3失点
■総体における最高成績:4強(1990年)
■監督:橋本俊一
■創部:1925年
■部員数:91人
■主なOB:シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)他

 プリンスリーグ東北所属の東北との準決勝ではMF村上昂生の決勝ゴールにより先制すると、その後の東北の反撃に耐え、虎の子の1点を守り切り1-0で勝利し実に17年ぶりとなる全国総体出場を決めた。決勝では惜しくも0-1で仙台育英(宮城1位)に敗れるも第2代表として、地元開催の全国総体に臨む。

 注目の大会初戦は、30年ぶりの全国総体となる浦和西(埼玉2位)との対戦。1990年度には全国4強に輝いたこともある古豪・東北学院の復活なるか。

▽2017年高校サッカーインターハイ宮城県予選
2017年高校サッカーインターハイ宮城県予選結果一覧

あなたにおすすめ