まるで映画の中みたい!米ディズニー「カーズランド」体験

画像

 現在公開中のディズニー/ピクサー作品『カーズ/クロスロード』。日本の東京ディズニーランド&東京ディズニーシーにはまだアトラクションはありませんが、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークではその世界観を再現した「カーズランド」がものすごい人気っぷりを見せていました。まるで映画の中に入ったような、「カーズランド」の中身を写真と共にちょこっとずつご紹介いたしますね。(取材・文:編集部・井本早紀)

画像

 「ようこそラジエーター・スプリングスへ!」の看板に後押しされ、そのまま進んでみるともうそこは『カーズ』の世界でした。 

画像

 ラモーンの奥さんのフローが運営していたカフェやルイジのタイヤ専門店も!

画像

(タイヤタワーがたっかい!!)

画像
画像

 サリーが経営していたコージー・コーン・モーテルには、メーターやマックィーン、レッドなどの人気キャラクターが時間帯ごとに駐車しており、彼らと一緒に写真が撮ることも可能です。(この日の一番人気はメーターでした! メーターが来た時の写真待機列はかなり待ちました……)

画像
一番人気だったメーター - その人気ぶりを見ていると、彼メインのスピンオフ作品も多く作られているのも納得

 そのほかにも消防署の前には、ラジエーター・スプリングスの名士スタンレーの銅像があったり、

画像

 本当に町に自分が来たような気持ちになれるカーズランド。その中で一番人気のアトラクションは……

 ラジエーター・スプリングス・レーサー!!

画像
なぜ人が並んでいないのかって……? この時はちょうどアトラクションが調整中に入ったからさ!

 ほかが5~15分待ちで乗れる状況でも、このアトラクションは60分以上待ちの大盛況。もしもディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークを訪れる際には、一体験者としては、このアトラクションからファストパスを取ることをオススメしておきます……! 実際に乗ってみると爽快感バツグン! アトラクションとしては、6人乗りの車に乗り込んで、まずは屋内に広がるラジエーター・スプリングスの街並みをドライブ。そして、ルイジのタイヤ専門店かラモーンのハウス・オブ・ボディ・アートで車の調整を行った後は、屋外のレースへGO! 思わず叫んでしまうほどのスピードで、レース場を駆け抜けていくのです。まさに前半は『カーズ』の世界観を、後半はレーサーのマックィーンの視点を体験できるアトラクションなんです。

画像
車に乗って実際にレースも楽しめるアトラクションとして超人気

 そのほかにも乗り込んだ車がくるくる回ってダンスをする「ルイジのローリッキン・ロードスター」なども人気。

画像
待っている間も見ているだけで楽しい

 また『バグズ・ライフ』のエリアにある4D上映施設では、『カーズ/クロスロード』の公開を記念して同作の特別映像が上映中でした。こういう期間限定で内容が変わるアトラクションも、どんどん日本のランドも取り入れてくれるといいな~。

画像
4D上映施設内にて

 さて、そろそろ一息つくか……と思ったときには、フローのカフェへどうぞ~。お子様セット的なマックィーンの入れ物付きのランチも販売していますよ。お子様でなくとも注文することができたので、記念に一つ、と思った方はどんどんチャレンジしてみてはいかがでしょうか!?

画像
大人ですが、買 い ま し た

あなたにおすすめ