楽天の重量級3打者が目立つ働き 前半戦、外国人選手の“勤務評定”【パ編】

©株式会社Creative2

前半戦、今年も多くの外国人選手が話題を振りまいた。現時点での各球団の外国人選手の成績を振り返ろう。パ・リーグ編。

楽天のフランク・ハーマン【写真:荒川祐史】

前半戦の助っ人の働きぶりは? ソフトBサファテ&デスパイネは圧倒的存在感

 前半戦、今年も多くの外国人選手が話題を振りまいた。現時点での各球団の外国人選手の成績を振り返ろう。パ・リーグ編。

【日本ハム】

○投手
メンドーサ
16試合2勝6敗0S0H 84回1/3 防御率4.16

マーティン
20試合0勝2敗1S12H 18回 防御率2.50

※エスコバー
3試合0勝0敗0S0H 4.1回 防御率0.00

○野手
レアード
82試合294打数69安打19本58点0盗 打率.235

ドレイク
8試合29打数4安打0本1点0盗 打率.138

 4年目のメンドーサは現時点で防御率がキャリアワースト。先発15試合でQSが3と安定感がない。救援のマーティンは故障もあったが6月に再昇格してからは安定している。エスコバーはDeNAにトレードされた。

 レアードは三塁守備でリーグ最多の14失策、守備率も.929でワースト。19本塁打はリーグ4位タイ、58打点は5位となっている。キューバ出身のドレイクは7月になって補強した。

【ソフトバンク】

○投手
バンデンハーク
14試合7勝4敗0S0H 84回 防御率3.54

サファテ
35試合1勝1敗27S3H 35回1/3 防御率1.02

モイネロ
6試合1勝0敗0S1H 6回2/3 防御率0.00

スアレス 1軍成績なし

○野手
ジェンセン
6試合12打数1安打1本1点0盗 打率.083

デスパイネ
77試合268打数72安打21本60点3盗 打率.269

コラス 育成契約

 WBCオランダ代表だったバンデンハークはまずまずの働き。サファテは短期間帰国したが、今季も不動の守護神として活躍。モイネロはキューバ出身、5月23日に育成契約、6月16日に支配下。中継ぎの駒として機能し始めている。スアレスはWBCベネズエラ代表として登板するが右肘を負傷、トミー・ジョン出術を受け今季絶望となっている。

 ジェンセンは珍しい左投げ右打ちの内野手だが、6月に本塁打を1本打っただけで登録抹消。ロッテから移籍したデスパイネは不動の指名打者として圧倒的な存在感。コラスはモイネロとともにキューバから来日。育成契約のままだ。

ロッテはデスパイネの穴が埋まらず…

【ロッテ】

○投手
チェン・グァンユウ
9試合1勝3敗0S0H 34回 防御率3.71

スタンリッジ
8試合1勝4敗0S0H 40回 防御率5.85

○野手
ダフィー
54試合164打数33安打6本18点0盗 打率.201

パラデス
58試合183打数46安打7本18点1盗 打率.251

ペーニャ
15試合46打数12安打0本7点0盗 打率.261

サントス
31試合106打数31安打0本3点2盗 打率.292

 チェンは救援―先発―救援と配置転換されたが結果を出せず。来日10年目、最古参の外国人スタンリッジは、7月10日に久々に先発したが6回2/3自責点5で4敗目と冴えない。

 デスパイネの穴を埋めるべく補強したダフィー、パラデスは期待に応えられず。急きょキューバから補強したサントスは「走り打ち」で有名だが、長打のあるタイプではない。そこでさらにソフトバンク時代に32本塁打したペーニャを補強。15試合でまだ本塁打はない。

【西武】

○投手
郭俊麟 1軍登板なし

シュリッター
40試合0勝2敗0S26H 40回1/3 防御率1.56

ウルフ
14試合6勝2敗0S0H 82回 防御率2.63

ガルセス
14試合2勝2敗0S0H 23回1/3 防御率5.01

キャンデラリオ
1試合0勝1敗0S0H 3回 防御率21.00

ファイフ
2試合1勝0敗0S0H 8回1/3 防御率5.40

○野手
メヒア
79試合268打数68安打15本44点1盗 打率.254

 6月に獲得したファイフを含め6人の外国人投手を擁する西武。戦力になっているのはセットアッパーのシュリッターと、先発のウルフ。シュリッターは球威ある速球で打者を圧倒。ウルフは安定感がある。

 台湾屈指の快速投手だった郭俊麟はWBC台湾代表としても投げたが、今季は2軍戦でも登板していない。メヒアは例年通り打率は低いが勝負強い打撃を見せている。

楽天は打者3人だけでなく救援右腕ハーマンも貴重な働き

【楽天】

○投手
ハーマン
33試合2勝0敗1S23H 31回2/3 防御率1.99

コラレス 1軍登板なし

宋家豪 育成契約

○内野手
ウィーラー
75試合299打数86安打19本51点6盗 打率.288

アマダ―
63試合218打数47安打8本29点0盗 打率.216

ペゲーロ
75試合298打数89安打20本60点3盗 打率.291

 ハーマンは「勝利の方程式」の一角を担うセットアッパー、コラレスはBCリーグ富山から入団したが、まだ登板機会はなし。

 3人の野手はいずれも100kg超の重量級だが、打線に圧倒的な迫力を与えている。リーダー格の3年目ウィーラーは明るいキャラクターでもチームを引っ張る。

【オリックス】

○投手
コーク
6試合2勝3敗0S0H 23回2/3 防御率4.56

ウエスト
2試合0勝0敗0S0H 2回 防御率4.50

ディクソン
14試合7勝5敗0S0H 81回1/3 防御率2.66

ヘルメン
12試合0勝0敗0S1H 13回 防御率2.08

○野手
モレル
38試合98打数27安打1本11点0盗 打率.276

ジョージ 育成契約

ロメロ
49試合183打数58安打16本38点1盗 打率.317

マレーロ
24試合77打数23安打6本15点1盗 打率.299

 ディクソンは一時期負けが込んだが、安定感のある投球でローテを維持。今季獲得したコーク、ウエストは現時点で期待外れ。ヘルメンは6月初旬に2軍落ちしたが7月になって再昇格した。

 野手陣は、2年目のモレルが本塁打わずか1本と迫力不足。4月中旬に負傷で抹消となったロメロは5月30日に復帰後も好調。中軸を担っている。6月になって補強したマレーロもまずますの働き。BCリーグ新潟から入団したジョージは育成枠のままとなっている。(広尾晃 / Koh Hiroo)

あなたにおすすめ