【J2熊本】千葉に1-0 黒木先制ダッシュ弾

画像
【熊本-千葉】後半18分、熊本の黒木がゴールを決め先制する=えがお健康スタジアム(谷川剛)

 明治安田J2第23節最終日は16日、各地で7試合を行った。ロアッソ熊本はえがお健康スタジアムで千葉と対戦し、1-0で競り勝った。ロアッソは通算6勝4分け13敗で、勝ち点は22に伸ばしたが順位は変わらず19位。

 ロアッソは3-4-2-1の布陣。主力を休ませた12日の天皇杯3回戦から先発10人を入れ替え、FW安柄俊(アン・ビョンジュン)やMF上里一将らが復帰した。前半はFW八久保颯や安らが積極的にシュートを放ったが、相手GKの好守もあって、0-0で折り返した。

 後半18分、最終ライン左からの大きなサイドチェンジパスを追い掛けた右ウイングバックの黒木晃平が、相手DFからGKへの甘いバックパスを見逃さず、ボールを奪い、GKもかわして先制ゴールを左足で流し込んだ。相手CKのピンチは多かったがGK畑実を軸に集中を切らさず、無失点に抑えた。

 他会場では、福岡が群馬を3-1で破り、大分は愛媛と2-2で引き分けた。湘南は2-0で東京Vを下し、首位を守った。

 ロアッソは次戦、22日午後7時から正田醤油スタジアム群馬で最下位の群馬と対戦する。(樋口琢郎)

あなたにおすすめ