県総体陸上 大会新 男子少年共通110障害小野(郡山東高) 男子1600リレー城西大

画像

 第70回県総体陸上競技大会兼第72回県陸上競技選手権大会最終日は16日、福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)で男女1600メートルリレーなど14種目の決勝を行った。男子少年共通110メートル障害の小野和人(郡山東高)が14秒56、男子1600メートルリレーの城西大は3分14秒38の大会新で優勝した。

 男子走り幅跳びは宍戸大夢(仙台大)が7メートル43、女子1500メートルは古寺冴佳(学法石川高)が4分35秒68の県総体新で制した。

 県体協、県、県教委、県高体連、福島陸協などの主催、県北陸協の主管。

 個人種目の上位3位までとリレー種目の優勝チームは8月19、20の両日、秋田市で開かれる東北総体の出場権を得た。

■伸び盛り、驚異の1年生

 小野「練習通り」 男子少年共通110メートル障害を14秒56の大会新で制した小野和人(郡山東高)は「練習通りに走れば記録は出ると思っていた」と納得の表情だった。

 予選で大会記録を0秒06更新する14秒64をマーク。注目を一身に集める決勝では予選の余勢を駆って50メートルすぎに抜け出すとそのままフィニッシュ。度重なる記録更新でスタンドを沸かせた。

 1年生だが、5月の県高体も制した。スピード強化を課題に据え、60メートルダッシュを繰り返してスタートの切れや途切れないスタミナに磨きをかけている。「後半もスピードが落ちなくなった」と手応えを感じている。

 南東北インターハイでも110メートル障害に出場する。「自信が付いた。油断せず力を出し切りたい」。伸び盛りの1年生アスリートは貪欲に語った。

あなたにおすすめ