ドンデン山を「散髪」 市民グループが草刈り

画像

 大佐渡山脈のドンデン山で、市民グループ「ドンデンファンクラブ」が恒例の草刈りを行い、芝の維持に努めた。

 クラブはドンデン山の自然を守ろうと2004年に結成し、会員は約20人。標高750メートル付近の「一の段」と呼ばれる芝草原で、雨具を着た9人が50センチほどに伸びた草を刈った。初めて作業するメンバーには、代表の余田隆邑さん(78)=梅津=が機械の動かし方や刈り方を教えた。

 会社員荒木康至さん(44)=真野新町=は、佐渡の自然が好きで2年前に新潟市から移住し、クラブに入った。「ドンデン山は島を一望できる眺めや景観が素晴らしい。佐渡の宝物を大切にしたい」と話した。

あなたにおすすめ