クレジットカード審査で何を見られている?落ちる理由

画像
クレジットカード審査で何を見られている?落ちる理由

クレジットカードの審査基準、3つの注意点

クレジットカードを所有するには審査が必要です。申込書に自分の個人情報を書いてカード会社に郵送して審査を受けます(ネットでの入会もあります)。それにパスしたら、カードをもつことができます。

そこで、気になるのが、カード会社は何を基準に私たちを評価しているかということです。

基本的にカード会社は、3つの要素を重視するといいます。「安定した収入」「返済能力」「明確な居住場所」の三つです。とくに最後の「明確な居住場所」というのは、つまり、「夜逃げ」の恐れがないかを見極めることをいいます。

個人の属性をスコアリングでランク付けします

しかし、これらは大雑把な枠組みであって、実際にはカード会社は、より細かな審査をしてその人の信用レベルを測ります。その参考になるのが申込書に記載された内容です。カード会社はその項目一つ一つに点数を付け、その合計点で合否を判断します。これをスコアリングといいます。

審査に通るためには、年齢と勤務先が一番重要?

その項目とは、年齢、勤続年数、職種、勤務先の規模、年収、居住年数、住居形態、家族構成などの属性です。このうちで、年齢と勤務先の状況がもっとも重要な指標になっているようです。若者か中高年か、大企業か零細企業かでその人の輪郭はだいたい分かってしまいますから。

経済の状況を把握するために個人信用情報センターを活用

自己申告項目以上に重要視されているのが、過去の支払い履歴や借り入れの状況です。というのは、申込書だけでは、肝心の経済的な活動や状況についてほとんど情報が得られないからです。

そこで、カード会社は、必ず個人信用情報センターという中立機関に照会を行います。現在、この個人信用情報センターには「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」「日本信用情報機構」の3機関があります。そこには、銀行、クレジットカード会社、消費者金融から利用者の履歴が集まり、保管・更新されています。ですから、例えば、過去に他のカードで延滞を繰り返した履歴や消費者金融などから借り入れがあると、すぐに分かりますから審査ではマイナス要因となります。

また、新規にカードの申し込みをする場合も気をつけなければなりません。利用者が申し込みをするとカード会社は必ずセンターに照会をかけます。その履歴は6カ月間センターに残りますから、短期間に複数のカードを立て続けに申し込こむと、審査を通らないこともあります。カードをたくさん作って、キャッシングをして「自転車操業」に陥っていると思われるからです。

独身者で両親と同居している「パラサイト」が一番有利?

このように、カード会社は、申込書と個人信用情報センターのカード履歴を組み合わせて、その人に「安定収入があるか」「返済能力があるか」「夜逃げはしないか」を判断するのですが、利用額の設定やレギュラーかゴールドかの判断基準など、細かな評価を下すには以下の基準に沿っているようです。

一般に、年齢や年収は高い方が有利、勤務先は一部上場など規模が大きいか公務員など公的機関の方が有利、勤続年数や居住年数は長い方が有利です。ただ、あまり知られていないのは住居形態です。住まいは賃貸マンションや賃貸アパートより社宅や持ち家が有利で、一人暮らしよりは両親と同居している方が高評価となります。

もっとも有利なのは、「両親と同居していて、持ち家に住んでいる独身の若者」です。持ち家(正確には両親の家)に住んでいますから、夜逃げはしませんし、両親と同居していますから、返済が滞っても肩代わりしてくれます。さらに、独身ですから可処分所得が高く自由になるお金をたくさんもって消費に回してくれます。ですから、カード会社からするとよいお客さんになります。

また、電話番号は、携帯電話しかもっていないと不利になります。できれば固定電話もあった方が審査のプラスになるでしょう。これもネットカフェ難民でなく、きちっと住居を構えていると判定されるからです。

なお、個人信用情報センターに登録されている情報は、クレジットレポートという形で利用者自身が確認することができます。郵送で取り寄せることも可能ですし、各地の機関に出向いて直接確認することもできます。具体的な方法は、各機関のサイトの「情報の開示」というコーナーをご覧ください。

(文:岩田 昭男)

あなたにおすすめ