バナナボートに歓声、洞爺湖でレークスポーツフェス

©株式会社室蘭民報社

 洞爺湖の大自然に触れるレークスポーツフェスティバル(洞爺湖町教委主催)が16日、町内洞爺町の湖畔であった。子どもたちがバナナボートやカヌーなどを楽しみ歓声を響かせた。

 旧洞爺村時代から続くイベントで、洞爺レークスポーツ協会が協力した。町内の小学生約30人が参加。この日は時折雨の降る天候だったが、気温、湿度が高い蒸した日となった。

 救命胴衣を身に着けた子どもたちは、モーターボートに引っ張られるバナナボートにまたがり、波しぶきを上げなら湖上を移動。急カーブなどでバナナボートが倒れると湖に放り出され大はしゃぎしていた。

 何度もバナナボートに乗った虻田小5年の庄子澪人君(11)は「スリルがあってすごく楽しかった。手を放すこともできたよ」とにっこり。昼食は全員でジンギスカンを味わい交流を深めていた。 (奥村憲史)

【写真=洞爺湖でバナナボートを楽しむ子どもたち】

あなたにおすすめ