ランやサボテン「どうぞ」―室蘭の科学館で頒布会

©株式会社室蘭民報社

 室蘭市青少年科学館(小川征一館長)の休憩温室にある一部の植物の頒布会が15日、同館で行われた。同館は市立室蘭図書館と合築し新たに整備されることから、ランやサボテンなど約千点を無料で提供、市民らがお気に入りを選んでいた。

 (仮称)環境科学館・図書館は2020年度(平成32年度)中の開館を予定、既存科学館は解体される。この日はアナナスやアロエなどの鉢物や、ミニサボテンのポットなど大小さまざまな植物が並べられた。多くの市民らが足を運び、1人3点まで持ち帰った。

 母恋南町の坂上香さん(32)は、サボテンなど3点を選び「家の窓際に飾りたい」と笑顔。同館は子どものころに遊んだ思い出があり、現在は2人の子どもを連れて来館している。「温室がなくなるのは寂しいですね」と話していた。 (成田真梨子)

【写真=多くの市民が訪れた室蘭市青少年科学館の休憩温室の植物の頒布会】

あなたにおすすめ