祖父殺害容疑で孫を再逮捕 神戸・北区5人殺傷

画像事件発生から一夜明け、南部さん夫妻の遺体が見つかった民家に入る捜査員=17日午前9時36分、神戸市北区有野町有野

 神戸市北区有野町の民家などで男女3人が殺害され、女性2人が重傷を負った事件で、兵庫県警有馬署捜査本部は17日、死亡した無職南部達夫さん(83)に対する殺人容疑で、同居する孫の無職竹島叶実(かなみ)容疑者(26)を再逮捕した。捜査本部の調べに同容疑者は「黙秘します」と供述している。

 捜査関係者によると、竹島容疑者は自宅で南部さん夫妻と母竹島知子さん(52)を襲った後、屋外にいた近隣の住民を相次いで切りつけるなどしたと県警はみている。同容疑者に襲われそうになったという複数の住民の証言もあり、捜査本部が裏付けを進める。

 再逮捕容疑は16日、自宅で南部さんを金属バットで殴り、包丁で突き刺すなどして殺害した疑い。

 県警は事件直後、近くの有間神社で包丁(刃渡り約16センチ)を持っていたとして銃刀法違反容疑で竹島容疑者を現行犯逮捕。知子さんの証言などから南部さん殺害に関与したとみて再逮捕した。

 17日の司法解剖の結果、南部さんの死因は刃物で首を刺されたことが原因とみられる失血死と判明。刃物とみられる刺し傷のほか、頭部などに殴られた痕が複数あったという。

 捜査本部の調べに、知子さんは「自宅で物音に気付き、息子が父(の南部さん)をバットで殴っているのを見て止めようとしたが、自分も殴られて逃げた」と説明。知子さんも全身打撲や腕の骨を折るなどの重傷を負った。

 捜査関係者によると、南部さんと前後して死亡した妻観雪(みゆき)さん(83)も、同容疑者がバットで殴っていたとみられるという。県警は知子さんが避難した後、包丁に持ち替えて南部さん夫妻を殺害した上、外出して遭遇した住民らを襲った可能性があるとみて調べる。

 同容疑者は現行犯逮捕された際、「誰でもいいから刺してやろうと自宅の包丁を持っていた」などと供述し、その後、雑談などに応じていたが、17日の再逮捕後は「話したくない」と黙秘を続けているという。

 捜査本部によると、16日午前6時19分、南部さんから110番があり、駆け付けた有馬署員が民家や路上で倒れている男女5人を発見した。南部さん夫妻と近所の無職辻やゑ子さん(79)の3人が死亡し、知子さんと近くの無職前北操さん(65)が重傷を負った。

あなたにおすすめ