三国4番が一発、逆転で藤島下す

画像
第99回全国高校野球選手権福井大会1回戦・藤島―三国 八回に2点本塁打を放った三国の牧田龍之介=17日、敦賀市総合運動公園野球場

 第99回全国高校野球選手権福井大会は17日、福井県内2会場で1、2回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合(1回戦)は三国が藤島を4―1で下し2回戦に進出した。三国が夏の福井大会の初戦を勝つのは2012年以来5年ぶり。

藤島 100 000 000…1 000 001 03×…4 三国

■藤島 伊戸一真、伊藤大貴―森山拓翔 ■三国 砂田拓海―保出龍兵

▽本塁打 牧田龍之介(三国)

 三国は1点を追う六回、4番牧田龍之介の二塁打で2死二塁とし、三田村亮が中前へ返し同点に。八回には1死一塁で牧田が左越えに2点本塁打を放ち、大きな追加点を手にした。さらに相手ミスで1点を追加、最終回の藤島の反撃を退けた。

 先発したエース砂田拓海が4安打1失点で完投。初回の失点の後は安定感を見せ、終盤の味方の反撃を呼び込んだ。

 藤島は一回、2死一塁から金山昇平の中越え適時二塁打で先制したが、その後追加点を奪えなかった。先発した左腕伊戸一真は粘ったが、終盤に疲れが見え、三国の攻勢を許してしまった。

⇒高校野球福井大会のトーナメントはこちら

あなたにおすすめ