オコン「ペレスと戦うことを許してもらった。勝ててうれしい」:フォース・インディア F1イギリス日曜

©株式会社サンズ

 2017年F1イギリスGP決勝で、フォース・インディアのセルジオ・ペレスは9位、エステバン・オコンは8位だった。

■サハラ・フォース・インディアF1チーム
セルジオ・ペレス 決勝=9位
 難しいレースだった。僕としては、本来のペースを発揮できなかったと感じている。本当ならもっと上位でフィニッシュできたはずだ。それでも最終的には、チームとして2台ともポイントを持ち帰ることができて良かった。

 スタートはあまり良くなくて、それが今日の午後の戦い全体に響いた。結局、その遅れを取り戻せなかったからね。シルバーストンはオーバーテイクが最も難しいコースのひとつで、レース全体を通じてずっとエステバンのDRS圏内にいながら、彼をパスする好機はとうとう一度も訪れなかった。前を行くクルマに接近しているとタイヤを傷めてしまうし、ダウンフォースも大きく失われて、僕にはどうすることもできなかったんだ。

 あとからレースを振り返って、違うやり方もあったんじゃないかと考えることはできるけど、レース後にあれこれ言うのは簡単だ。シーズンも折り返し点を迎えたところで、僕たちのパフォーマンスは大いに期待を持てるものだと感じている。ここまでチームとして本当に良くやってきたし、次のレース、そしてサマーブレーク後には、僕たち本来のレベルを取り戻せることを願っている。

エステバン・オコン 決勝=8位
 スタートは見事に決まった。まるで4輪駆動のクルマみたいにトラクションが効いて、2つほどポジションを上げることができたんだ。ただ、1周目の終わりに、(ニコ・)ヒュルケンベルグに抜かれてしまったけどね。

 その後は、レースの大半を通じてチームメイトといいバトルができたし、チームも戦うことを許してくれた。ちょうどカナダと似たような感じだったね。セルジオも速くて、ずっとプレッシャーをかけてきたけど、何とか彼の前にとどまることができた。

 また2台揃ってポイントを獲得したことに、とても満足している。こうしたペースの一貫性は、今年の僕らの強みになっている。どんな性格のサーキットでも、十分な速さを発揮してポイントを稼いでいるんだ。シーズンの後半戦でもこの調子を維持していきたい。

あなたにおすすめ