ミランがさらなる巨額投資へ! CEOが名前を挙げた3人の大物CFとは?

©株式会社日本スポーツ企画出版社

 ここまで10人の新戦力獲得に2億ユーロ(約256億円)近い超大型投資をしているミランだが、まだビッグネーム獲得に動いているようだ。
 
 補強ポジションはCFだ。すでにポルトから若手逸材のアンドレ・シウバを獲得済みだが、ジャンルカ・ラパドゥーラのジェノア移籍が内定し、昨シーズンに期待を裏切りヴィンチェンツォ・モンテッラ監督との折り合いが悪いカルロス・バッカも放出が既定路線。さらなるテコ入れを画策する。
 
 最近はニコラ・カリニッチの獲得に動き、本人とは合意したものの、フィオレンティーナとの交渉が難航中。再びアンドレア・ベロッティ(トリノ)、ピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)、アルバロ・モラタ(レアル・マドリー)など大物の引き抜きが取沙汰される中、マルコ・ファッソーネCEOが興味深いコメントを残している。現地時間7月16日、『スカイ・スポーツ』の著名な移籍専門記者、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。
 
 ファッソーネCEOは新ストライカー獲得について問われると、こう語ったという。
 
「あらゆる選択肢を考慮しているし、何か素晴らしいことをやってのけたいと思っている。ベロッティ、モラタ、オーバメヤンのうち、誰か一人を獲得できれば素晴らしいね。しかし、まだメディアに出ていない名前も(選択肢に)あるんだ。とにかく、確実に私たちはそのポジションでなにかをしたいと考えている」
 
 ミランの本命はおそらくベロッティ。余剰人員となっているFWエムバイ・ニアング(ワトフォードから一時的に復帰中)やDFガブリエル・パレッタを交渉に組み込む形で、値下げを狙う。ただ、トリノは現金だけの取引を望んでいるという。
 
 モラタは5月に個人合意が伝えられたものの、マドリーの要求額の高さに二の足を踏んだと伝えられたが、まだ諦めていないようだ。
 
 かつて1年だけミランに所属したオーバメヤンは、代理人を務める父親との接触が最近になって報じられていた。
 
 いずれにしても、3人とも獲得には移籍金で7000~8000万ユーロ(約90~102億円)、年俸もかなりの高額が必要。現在はいずれもマンチェスター・Uにロメル・ルカクを強奪されたチェルシーの獲得候補にも挙がっている。
 
 ちなみにイタリア・メディア『メディアセット』が3600人超のファンに行なったアンケートによれば、上記の3人のうち67%がベロッティ、18%がオーバメヤン、15%がモラタの獲得を望んでいるという。
 
 はたして、ミランの新エースは?
 
【2017年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ
 

あなたにおすすめ